恋愛心理学

あなたはいくつ当てはまる?自己肯定感が低い女性の恋愛の特徴

 

自己肯定感を高く持つということは、なかなか難しいことです

 

今まで歩んできた人生が大きく影響していることが多く、その中でも幼少期の親子関係が自己肯定感の低さに結びついているパターンが多いです

 

女性のあなたがいい恋愛ができるようになるために必要なことは、客観的に自分の特徴を理解し、自己肯定感が低くなっている原因を自分で受け入れることです

 

そして、自己肯定感を向上させる習慣を身につけることが重要です

 

この記事では自己肯定感が低い女性の恋愛の特徴について触れ、その対策について解説していきます

 

自己肯定感が低い女性の主な原因

 

✔️ 誰からも褒められない

✔️ 否定されてばかりいる

✔️ 何かあるたびに自分を責める癖がついている

✔️ 成功体験が少ない

✔️ 誰かと比較されながら育った過去がある

✔️ 男性に振られてばかりいる

 

自己肯定感が低い女性には上記のような原因が挙げられます

 

過去の出来事やトラウマが大きく関わってあなたの自己肯定感を低下させてしまっています

 

例えば、小さい頃からいじめられてきて自分の中で自分に対する価値が下がっていたり、頑張って結果を残しても褒められなかったり、そのような環境下で育つと自己肯定感が低い人間へとなってしまいます

 

恋愛において結局同じような結果になってしまいます

 

『自己肯定感が低い』という土台を変えないと何度も同じ結果になって、しまいにはさらに低下させてしまいかねません

 

根本を変えるためには原因を把握し、自分という人間を理解しなければいけません

 

 

自己肯定感が低い女性の特徴

自分の全てをさらけ出す

 

・ 過去のトラウマ

・ 家庭環境

・ 過去の恋愛事情

 

自己肯定感が低い女性は他人に認めて欲しいがために、過去のトラウマなど自分の全てをさらけ出します

 

「ありのままの自分」を自分自身で認めることがなかなかできないため、他人に認めて欲しいという気持ちが強くなっています

 

相手の男性にはどんな自分でも受け入れてくれることを望んでおり、自分を受け入れてくれる男性を求める気持ちが大きすぎてお互いの関係が確率していない段階で多くを求めてしまいます

 

しかし、いきなり女性の重い過去などを全て受け入れられる懐の深い男性はなかなかいません

 

その事実に気付けていないため失敗を繰り返してさらに自己肯定感を下げてしまいます

 

 

思い込みが激しい

 

・ 相手の浮気を疑う

・ 相手が不機嫌なのは自分が原因

・ 自分なんか愛されているはずがない

 

自己肯定感が低い女性は思い込みが激しい傾向にあります

 

自分を認めることができず自分には良いところや魅力がないと思っています

 

とにかく思い込みが激しいので勝手に解釈した行動が多くなりがちです。そのため、実際に思い込みとは違うことが起きた時に、相手を激しく責めたり、パニックになって相手に迷惑をかけてしまいます

 

そして、自分の理想を押し付けがちなので相手に対する不安感から浮気を疑ってしまいます

 

精神的な不安定さが原因であるため、恋愛では彼氏、プライベートでは周囲の友人や職場の人にも同じように振る舞う傾向があります

 

 

 

頼ることができない

 

・ 頼ることは迷惑をかけることと同じだ

・ 頼っても受け入れてもらえないかもしれない

・ 頼ったら嫌われるかもしれない

 

自己肯定感が低い女性は頼ることが苦手な傾向にあります

 

自分で自分を認めていないため、被害妄想が激しく頼ることに対してネガティブになりがちです

 

また、親が厳しく甘えられない環境で育ったという過去から人に頼ることを極度に嫌がります

 

幼少期に「自分のことは自分でやり、人のことを気遣う”いい子”」でいることを求められてきたのが大きな原因の1つです

 

結果として、自分のことは自己解決できる力を持ちすぎたため、頼り頼られることでより関係性が深まる恋愛においてしっかり支えすぎて相手をダメにしたり、ダメンズを引きつけたりしてしまいます

 

恋愛において男性を頼らないことは相手の存在意義を否定していることと同じであり、頼られないと男性は「自分は必要ないのかな?」と思ってしまいます

 

https://unpsymind.com/love-psychology/femme-fatale/

 

 

行動を全て把握したがる

 

・相手の交友関係

・相手の予定

・相手の過去の女性遍歴

 

自己肯定感が低い女性は相手の行動や交友関係を事細かくチェックして全てを把握したがります

 

相手が今どこにいて誰と何をしているのかが気になってSNSをチェックしたり、飲み会などがあれば「どこで飲むのか?」「誰と飲むのか?」「そこに女性がいるのか?」ということを事細かく把握したがります

 

自己肯定感が低い女性は常に不安なため、相手を取り巻く全てが気になって仕方がありません

 

 

理想の恋愛に浸る

 

・ 彼氏ならこうあるべきという考えが強い

・ 理想とする恋愛に近づけようと無理に関係を続ける

・ SNSで自慢投稿が多い

 

自己肯定感が低い女性は恋愛に対しての理想を強く持っており、その世界観に浸りがちです

 

相手との関係が理想の恋愛でなくても、相手の嫌なところに目をつぶり、自分の理想とする恋愛に近づけようとして無理に関係を続けようとしてしまいます

 

なので、相手の嫌な部分を避けて、相手をつなぎとめるために自己犠牲をいとわず尽くしたり、DVを受けても受け入れてしまいます

 

自分が傷ついても「私は幸せ」と間違った認識を持ちがちです

 

もしくは、理想の彼氏像が高すぎて相手に強要して喧嘩の原因になったりします

 

相手に期待しすぎて、期待通りの行動がなければ自己嫌悪に陥ったりして恋人間の関係性が悪くなったりします

 

 

罪悪感を持ちやすい

 

・ 私なんかが付き合ってていいのだろうか

・ 私と付き合っていることでこの人の価値を下げている

・ こんな自分が幸せになってもいいのだろうか

 

罪悪感とは過失を犯した意識や感情によって自尊心を失い、そして犯した過失に対して罪滅ぼしをしたいと感じることです

 

つまり、罪悪感は自己否定感と他人の目が気になる心理により起こりやすいです

 

自己肯定感が低い女性は自分に自信がないため、自己否定の強さと同様に罪悪感の強さとなって表れます

 

なので、本来は上手くいっているはずの恋愛でも楽しみも幸せも受け取ることができず、恋愛に対して罪悪感を持ちやすいです

 

「自分とは釣り合っていない」とネガティブになりやすいのが自己肯定感が低い女性の特徴の1つです

 

 

自己犠牲をいとわない

 

・ 会いたいという気持ちを我慢し、寂しい思いを伝えない

・ 相手の都合に振り回されてしまう

・ 相手のお世話をしすぎてしまう

 

自己肯定感が低い女性は相手に対して自己犠牲をしながら尽くしてしまいます

 

自分が相手に尽くすことで「もっと好きになって欲しい」や「もっと愛して欲しい」という見返りを求めすぎるがために尽くしすぎています

 

何か相手に尽くさないと愛されている実感が持てないのです

 

自分で自分を認めることができず、自分には良いところがなく魅力がないと常に思っているので「こんな自分を好きでいてくれるなら多少の我慢は必要」という気持ちが強いわけです

 

なので、相手が自分に求めてくれることに自分の存在意義を感じて本当は自分が嫌だということでも感情を押し殺し我慢して断ることができません

 

時間や金銭だけではなく、相手の意見を尊重しすぎて相手の無理な要求に対して一生懸命に応えようとします

 

挙げ句の果てには「都合のいい女」になって大事にされず、捨てられるというサイクルにハマりさらに自己肯定感を低くしてしまいます

 

 

相手優先の生活になる

 

・ 友人の誘いや予定を断りがち

・ 求められることに執着する

・ 好きな人の好みのファッションに変える

 

自己肯定感が低い女性は仕事よりも友人よりも好きな人や彼氏が優先となり、その人のことに夢中になります

 

恋愛していると誰でも多かれ少なかれ恋人を優先する状態になりますが、自己肯定感が低い女性は全てにおいて好きな人が中心となった生活を送ってしまいます

 

予定がない休日に友人からの遊びの誘いがあっても「彼氏から連絡があるかもしれないから」と言って誘いを断ったり

 

友達と遊んでいても「彼氏が『会いたい』と言ってきたから帰るね?」と突然予定をドタキャンしたり途中で帰ったりします

 

さらに、自分の好みの服でなくても好きな人の好みの服装に合わせてファッションや髪型を変えがちです

 

相手が変わるたびに毎回ファッションやメイク、髪型などが変わる女性は自己肯定感が低めかもしれません

 

つまりは、求められることに執着しているわけです。求められれば自分がどんなに苦しい状況になっても喜んで尽くしてしまいます

 

 

まとめ

 

 

あなたはいくつあてはまりましたか?

 

自己肯定感が低い原因は全て『過去』にあります。過去は変えられませんが、『解釈』は変えることができます

 

https://unpsymind.com/life-improvement/increase-self-affirmation/