恋愛心理学

この行動だけは絶対に避けるべき!!女性に嫌われてしまう9つの行動とは?

 

普段の行動の中に実は女性からすると耐えられない男性の「行動」をしている男性がいます

 

恋愛をしたくてもあなたの行動により致命的な失敗に繋がることがあります

 

この記事では女性に100%嫌われてしまう男性の行動について解説していきます

 

 

女性に嫌われてしまう行動

いちいち許可をとる

 

・〜してもいい?

・〜でもいい?

 

相手への気遣いとして許可をとることは優しさになりますが、優柔不断さや女性の顔色を伺う、自己保身が垣間見れると自信のなさや頼りがいのなさに繋がってしまいます

 

また、毎回のようにいちいち許可を取ってしまうと男女関係なくめんどくさいと思われてしまいます

 

いちいち許可を取ることでリスクを回避しようとしている、優しさに見せかけた自己保身に対して女性は嫌悪します

 

女性は許可を取らない強引らしさに男らしさを感じます。しかし、相手の本音を見極める観察力が必要となります

 

https://unpsymind.com/love-psychology/true-kindness/

 

 

自分の軸がない

 

女性に対し、顔色を伺って自分の意見を通すよりも相手に賛同することを優先していると「つまらない」と思われて興味を持たれないことに繋がります

 

女性に嫌われないように頑張るという時点であなたは女性を追っかけています

 

女性は「価値の高い男性」に恋をします。なので、自分の軸がない時点であなたに価値はないし、媚びてくる男性は恋愛対象には入りません

 

むしろ、軸がブレない男性ほど女性からモテたり同性からも支持されたりします

 

自分の軸を持っている人は、その人独自の魅力を持ち合わせていますよね

 

女性は「男性に頼りたい、物事を決めて欲しい」と思っていることが多く、自分の軸がないと頼りがいのない男性と判断されてしまいます

 

一度決めたらブレない芯の強さは女性に対して安心感を与えるだけではなく、恋愛に対して誠実なイメージを抱かれます

 

自分の軸を持つことは恋愛においても、人生においても重要なことです

 

https://unpsymind.com/love-psychology/a-man-chased-by-a-woman/

 

 

見栄をはる

 

見栄をはるというのは「うわべや外観を取り繕うこと」を意味します

 

自分を大きく見せようとしたり、能力以上の態度を示したりと、外見を着飾って相手に示すことを表す言葉であり、自慢話や虚言なども同じです

 

聞いてもいないのに自慢話をしたり、ブランドで身を固めていたりする男性は「自分に自信がない」と女性から判断されてしまいます

 

女性は建前が上手です。男性の自慢話や虚言に対して良いリアクションを取ります

 

建前では良いリアクションを取っていても本音では等身大のあなたを見ています

 

変に自分を大きく見せても女性の目はシビアです。簡単に見破られてしまいますよ

 

見栄をはるより実力をあげるための努力をした方が今後のあなたのためになります

 

何かを達成するために熱中したり、努力したりしている人は女性から見ても、同性から見ても素敵に映りますよ

 

 

立場が弱いものに対して強気になる

 

店員や、立場が弱い人に対して強気になるのは嫌われる男性の特徴の中でも上位に入ります

 

店員に暴言を吐いたり、上から目線である男性に対して女性は「人としてどうなの?」と人間性さえも否定してしまいます

 

女性は本能的に自分の身を守るために男性を警戒する傾向にあります

 

なので、立場が弱いものに対して強気になってしまうと、表面的では優しいように見せているだけの暴力的な男性と判断されてしまいます

 

女性は男性の本性を見抜くために自分以外の他人への接し方をよく観察しているものです

 

女性には優しいが立場が弱い人に対して強気でいると「この男性は危険」と本能的に女性は判断します

 

弱い立場に優しくする男性こそ素敵であり、女性から信頼されますよ

 

 

言い訳が多い

 

たまに言い訳を言うのであればまだ許せますが、日頃言い訳ばかりされるとイライラしてきますよね

 

言い訳をしてしまう心理としては自尊心が高く自分のミスを素直に認めたくないことが挙げられます

 

何かにつけて言い訳をして逃げ道を作っている男性に対して女性は好感を抱くはずがありません

 

自分が悪い時は素直に謝ることができる男性ほど芯があって女性からも男性からも信頼を勝ち取ることができます

 

 

愚痴や文句が多い

 

当たり前ですが、愚痴や文句が多い男性が女性から好かれるはずがありません

 

異性でも同性でも愚痴や文句が多い人と一緒にいると疲れてきますよね?

 

言う側はスッキリするかもしれませんが、聞かされている側は心が消耗してしまい疲れてしまいます

 

愚痴や文句に含まれるネガティブな言葉が聞き手側のメンタルを不安定にさせてしまい、「この人と一緒に居たくない」と思わせてしまいます

 

また、愚痴や文句が多い人は自分本位な性格の持ち主であることが多く、第三者の視点で客観的に考えるということができない傾向にあります

 

そのため、自分の立場が危うい状況になると保身に走り、一気に不平不満を爆発させるというわけです

 

仮にあなたがストレスを抱えていて愚痴や文句を言いたい時は下記の記事を参考にしてストレス発散してみてください

 

https://unpsymind.com/life-improvement/busy-people-stress-measures/

 

そして、少なくとも異性に対しては愚痴や文句を言わないようにしましょう

 

 

1円単位で割り勘をする

 

あなたが気になる女性や好きな女性に好かれたいのであれば、1円単位で割り勘をするのはやめましょう

 

1円単位で割り勘をする男性に対して女性は「器が小さい」と感じ、その男性に対しての評価は二度と戻ることはありません

 

金銭感覚がしっかりしていることは悪いことではありません。しかし、好かれたいと思っている女性に対してデートに誘った側の立場であるのならば奢ってあげるか、多めに払うくらいしないと恋愛対象には入りませんよ

 

お金を出すという行為は1番わかりやすい好意のサインです。女性に好意を抱かれたいのならあなたがその女性に対して好意を抱く必要があります

 

もちろん、全ての女性に対してお金を多めに出すということをしなければいけないというわけではありません

 

せめてあなたが好意を抱いている女性に対してはお金を多めに出してあげたり、奢ってあげたりしてあげてください

 

 

落ち着きがない

 

・ 話を落ち着いて聞けない

・ 感情の起伏が激しい

・ 無駄口が多い

・ 落ち着いて座ることができない

・ 視線が落ち着かない

・ キャパシティーが少ない

 

落ち着きがない男性は女性からモテません

 

例えば、女性と話す時に沈黙の時間が恐怖であったり、緊張するからという理由でずっと話し続ける男性がいますが女性は楽しいと感じません

 

というのも、女性は話をするのが好きな生き物であり、聞き上手な男性に好意を抱きやすいです

 

また、感情の起伏が激しかったり、無駄口が多かったりする男性に対して嫌悪感を抱いてしまいます

 

自分の心が不安な状態であり、自身を持てない男性が落ち着きがない傾向にあります

 

話し続けることで不安を打ち消そうとして、必要以上に話をしてしまうということです

 

モテる男性というのは容姿が優れているということではなく「落ち着いた雰囲気」を持っていることが多いです

 

落ち着いた雰囲気からその男性の「器の大きさ」や「自信」「余裕さ」を感じ取ることができるわけです

 

https://unpsymind.com/love-psychology/financially-and-mentally-stable/

 

 

まとめ

 

今回は女性に嫌われる9つの行動について解説しました

 

いかがでしたか?当てはまる行動はありましたか?

 

もし、当てはまっている行動があれば直していきましょう

 

女性からの好感度を上げて、デートに繋げたいのであれば行動を気をつけていきましょう