生活の質の向上

【実践するだけで貯蓄が貯まる】知らないだけで損する固定費の節約術

 

ほとんどの人は『なかなかお金が貯まらない』と悩んでいるはずです

 

悩んだ結果、『収入を増やす』という選択をしてアルバイトをしたり残業をしたりするわけですよね?

 

収入を増やすよりはるかに簡単で楽なのが『毎月の支出を節約する』ことです

 

しかし、毎月の支出を節約しようとして買いたいものを我慢したり、遊びを我慢してお金を節約するのはストレスが溜まってしまいます

 

生活の満足度を低下させずに支出を減らすためには『固定費』を見直すことです

 

支出の中でも『固定費』の無駄を見直すことができれば毎月の支出を大きく節約でき、あなたの将来に向けての貯金が簡単にできるわけです

 

固定費を1度見直してみることでその効果はずっと持続します

 

この記事では知らないだけで損している固定費の節約方法について紹介していきます

 

 

 

お金を貯めるなら固定費を見直すべき

 

お金を貯めるためには支出を減らすことが最優先です

 

つまり、生活費を効率よく下げる必要があります。その中でも毎月かかり続ける固定費を見直すことが重要です

 

固定費は毎月定期的に支払いが発生する費用です。生活費の中で多くを占めるのが固定費であり、見直すことで削減効果は持続します

 

食べたいものを我慢したり、遊びに行くお金を節約したりといった細やかな節約よりも効果的です

 

ストレスなく継続して削減効果が持続するので自由に使えるお金も増えます

 

とにかく、楽して節約したいという人には固定費を見直すことをオススメします

 

それでは、固定費を節約する方法について簡単に紹介していきます

 

固定費を安くする方法

通信費

 

格安SIMに乗り換えることで毎月約5000円の節約になります

 

最近ではTVCMでも頻繁に流れるようになった『格安SIM』ですが、大手キャリアであるドコモ、ソフトバンク、auよりもお得に契約できることから乗り換える人も増えています

 

1ヶ月で使えるデータ通信量によって金額が変化し、ギガ数が小さければ小さいほど月々にかかる料金も安価になるのが特徴です

 

例えば、スマホ代を1ヶ月に1万円も支払っているとします。年間では『1万円×12ヶ月=12万円』ものお金を支払っていることになります

 

格安SIMに乗り換えることで1ヶ月約5000円の節約になると仮定すると『5000円×12ヶ月=6万円』になります

 

1番重要なのはあなたが月額料金の内訳をしっかり理解しているか?ということです。基本使用料、通話料、通信料、各種オプション利用料金などをしっかり把握することは無駄を削ることに繋がります

 

あなたに合ったプランを見つけ、これらに潜む無駄を省けば半額以上もの通信費を節約できるのです

 

今まで支払っていたお金が半額以上も浮くことで、そのお金を貯金に回すこともできますし、欲しかったものも購入できるかもしれません

 

◆格安SIMの乗り換え方法◆

 

1、SIMフリーのスマホを用意する

・新しくスマホを購入する:格安SIM会社で契約と一緒にスマホを買う

・今使用中のスマホ:契約中の会社に依頼してSIMロック解除してもらう

 

2、MNP予約番号を取得する

※NMPとは?:現在あなたが使用中の電話番号をそのまま使うために必要な番号です。電話を使わない、もしくは電話番号が変わってもOKな人は不要になります

 

3、乗り換え先の会社と契約する

・Webサイトから申し込む

・届いたSIMカードをスマホに差し込む

 

4、乗り換え完了

・あなたにあった格安スマホプランとして下記を参考に選んでみて下さい

【徹底比較】格安スマホ19社掲載

 

格安SIMに乗り換えたり、プランの見直しは大幅な節約になります

 

短期間ではあまり効果は実感できませんが、長期的にみるとかなりの節約になるのでオススメです

 

光熱費

 

電力会社を乗り換えるだけで、年間約1万円〜3万円の節約になることがあります

 

それは電気の使用量が同じでも、利用する電力会社によっては電気代は大きく異なることがあるからです

 

2016年4月から電力会社を自由に選ぶことができるようになりました

 

今まで電力市場を独占していた大手電力会社から新しく電力会社を乗り換えることで安いプランにできたり、セット割を利用できたりします

 

割引プランを上手に利用することで大幅な節約が可能になるということです

 

◆電力会社の乗り換え方法◆

 

1、毎月の電気使用量と金額を確認する

・検針票か契約している電力会社のWebサイトで料金を確認する

 

2、料金をシュミレーションしてみる

・乗り換えた場合、いくら安くなるか各社料金を比較する

 

3、新しい電力会社に申し込む

・あなたに合った電力会社は下記を参考にして選んでみてください

最適な電力会社の選び方|賢く選んで電気代を抑えよう!

 

毎月1000円程度安くなるだけでも、年間約1万円〜3万円の節約になります

 

せっかく、電力自由化によってあなたに合った電力会社を選べるので光熱費を節約したい人はぜひ、検討してみて下さい

 

 

保険

 

実はほとんどの保険は不要であり、必要な民間保険は『生命保険、火災保険、自動車保険』の3つだけです

 

どういうことなのか?というと確率的には低確率ですが仮に起こってしまった時に大損失してしまい人生を狂わされかねないからです

 

また、世界的にみても『保険はできるだけ加入しない』というのが鉄則です

 

そもそも、日本の社会保険は他国と比較してもかなり充実しています

 

◆日本の健康保険が世界的にみても圧倒的に良い理由◆

 

1、原則3割負担で必要な医療が平等に受けられる

 

2、高額医療制度のおかげで自己負担上限額が月10万円程度

 

3、保険料は会社と折半であり、扶養家族分の保険料は支払う必要がない

 

4、病気や怪我で働けなくなっても1年6ヶ月は保障される

なぜ人は「ムダな保険」に入ってしまうのか

 

つまり、『不安だから加入する』というような感情で判断して様々な民間保険に加入することは手数料を搾り取られるだけであるということ

 

仮に病気や怪我が起きたとしてもあなたが今まで貯蓄したお金でまかなえますし、定期的な健康診断である程度把握できますよね?

 

さらに、健康的な生活習慣を心がけておけば良いだけです

 

不要な民間保険

・医療保険:公的保険+貯金で大丈夫です

・養老保険、貯蓄型生命保険:高い保険料で少ない保証額です

・個人年金保険:利回りが低く、インフレに対応していません

・学資保険:利回りが低く、保障も少ない、元本割れのリスクがあります

※ペット保険や地震保険、外貨建て保険も同様です

 

年齢が若いうちに『ガン保険』に加入する人がいますが、20〜40歳の人が今後10年でガンになる確率は0%〜0.5%未満です

 

また、仮にあなたがガンになったとしても3人に2人は50万〜100万円の自己負担で済むので、若いうちから貯金しておけば十分支払える額です

 

不安だからという理由で毎月保険料を払い続けるよりも無駄な保険を見直し将来のために貯蓄しておくことが圧倒的に良いです

 

 

自動車

 

自動車の維持費の中の固定費とは自動車税、車検費用、任意保険料、駐車場代があります

 

そもそも、自動車を所有するだけで生涯4000万円もお金がかかります

 

例えば、あなたが20歳〜70歳の50年間、自動車を所有した場合下記のようにお金がかかります

 

・ 車体代金:1750万円(7年に1回車を買い替えた場合)

・ ガソリン代:約520万円

・ 保険代:自動車保険、車両保険合わせて約490万円

・ 駐車代金:720万円

・ 自動車税、自動車重量税:470万円

 

田舎に住んでいるのでどうしても自動車は必要と考えるのは当たり前のことです。しかし、できるだけ所有しない努力をすることでお金の奴隷から解放されることも事実です

 

自動車を所有しない努力とは?

・ 公共交通機関を利用する

・ レンタカーやカーシェアを利用する

・ タクシーを使う

・ 家族で自動車をシェアする

 

レンタカーやタクシーは高いイメージがありますが、実際に使う日数が少ない場合は自動車を所有するよりもはるかに安上がりです

 

ただし、自動車を手放すことで今までより快適ではなくなります。自動車がある方が都合が良いです

 

経済的自由になりたければ欲望をコントロールする力は絶対に必要になります

 

我慢するなら節約の効果が大きいものを我慢する方が経済的自由に大きく近づきます

 

どうしても自動車が必要な人は『リセールの良い車』を一括で購入しましょう

 

リセールバリューとは一度購入したものを販売する際の再販価値のことです。一般的には3年〜5年後の買取価格、下取り価値を示すものであり、将来どれだけ高く売れるかその資産価値を示す言葉です

 

つまり、リセールバリューの観点で言えば『新車を購入する』という選択はお金を損してしまうということです

 

自動車というものは価値が落ちやすいものです。お金を節約したいのならリセールバリューを意識して『価格が落ちにくい自動車』を購入することが大切です

 

下記のサイトにてリセールバリューの高い車の一覧があります。ぜひ自動車を購入するときの参考にしてみて下さい

 

リセールバリューの高い車は?車種別の必須装備とランキングを徹底解説

 

リセールバリューを決めるのは市場の需要と供給です

・ 人気車種

・ 限定車

・ 海外で人気のSUV

・ ボディカラーは人気の黒

・ マイナーチェンジ、モデルチェンジが近い車種は避ける

 

台数が少なく人気のある車種は査定価格も上昇する傾向にあります。少しでもお得に自動車の買い替えをしたい方は上記のポイントを抑えて検討してみて下さい

 

 

まとめ

 

貯蓄を増やしたいならまずは支出を減らし貯める力を身につける必要があります

 

支出の中で見直すべきものとして『固定費』があり、固定費を見直すことができれば生活の満足度を下げずにお金を貯めることができます

 

今すぐ見直すべき『固定費』

 

毎月かかり続ける固定費を見直せば節約の効果はとても大きく、一度見直せばその効果は持続します

 

大きな支出である上記のものを見直し効率よくお金を貯めていきましょう