価値観の洗浄

厄介な自分大好き人間『ナルシスト』の4つの特性と7つの特徴

 

ナルシストと聞くと大抵は自分のことで頭がいっぱいになりがちな人だったり、自己中心的な人のことを思い浮かべます

 

あなたの周りにもこのようなナルシストが存在すると思います

 

実際にあなた自身ももしかしたらナルシストかもしれません

 

この記事ではナルシストの4つの種類とその特徴について解説していきます

 

ナルシシズムとは

 

ナルシストという言葉は本来心理学の用語であり、そもそもは「ナルシシスト」というのが正しい表記です

 

心理学の用語が一般の人に誤解されて悪口として定着していきました

 

そもそも、私たちの誰もが「自分のことで頭がいっぱいな状態」いわゆるナルシストという傾向を兼ね備えています

 

ナルシストとは自己愛の強い人のことを指し、自分自身の行動や容姿に自己陶酔する人のことを言います。正しくは「ナルシシスト」ですが、言いにくいことから「ナルシスト」が広く使われるようになりました。

「ナルシスト」と「ナルシシスト」に意味の違いはありません

 

ローレン・ソエイロ博士は「人々の自己陶酔的なニーズは心理学的にごく普通で、普遍的」と発言していることから人間社会や感情の発達の観点からして正常な部分といえます

 

ナルシストも過剰だと人間関係に支障をきたすなどの問題がありますが、自分に自信がなくネガティブよりかはまだ良いかと思います

 

ナルシストには4つの種類が存在します。それぞれの特性について大まかに解説していきます

 

 

ナルシストの4つの種類

向社会的ナルシスト

 

他人からの好意を強く望むナルシストであり、前向きな行動やその成果から信用を得ようとする特徴があるのが向社会的ナルシストです

 

人が楽しんでいることに深い満足感を感じるため、とにかく人を笑わせたり楽しませようとします

 

ナルシストと聞くとあまり良いイメージを持ちませんが、向社会的ナルシストは人々を喜ばせるために共感力を使うため人を惹きつけることができます

 

反社会的ナルシスト

 

自分の利益のために他人との関係を悪用や利用し自己中心的である特徴を持つのが反社会的ナルシストです

 

とても自己中心的であり、他人の評価と過大な自己評価を持っています

 

サイコパスのように共感能力がないため、目的のためなら抵抗感なく他人を操るでしょう

 

さらに、他人への興味や関心がないため、周囲の人の必要性や感情に対して無関心です

 

しかし、自尊心はとても低く傷つきやすいことが多いです。そのため自分より劣っている人を周りに集めて支配と権力を味わおうとします

 

 

悪性ナルシスト

 

最も危険なナルシストであり、ソシオパス的な傾向を持っているのが悪性ナルシストの特徴です

 

反社会的ナルシストと同じく、他人の利益になるような行動は一切ぜず、自分を守ることに一生懸命です

 

自分を誇示したり、支配欲が強かったりと他人からの特別な扱いを求めることがあります

 

また、悪性ナルシストは精神的な回復力が強く、うつ病になる可能性が低いと最近の心理学の研究で明らかになりました

 

他人との長期的な関係を築くことが苦手であり、自分が脅かされていると感じると攻撃的になります

 

 

隠れナルシスト

 

前項で解説したナルシストとは違い、とても判断しにくいのが隠れナルシストの特徴です

 

しかし、一般的なナルシストとは本質が共通しているのにも関わらず表面的には正反対な行動をします

 

行動では他人をよく理解しようとしている聞き上手のように振る舞いますが、内心では密かに軽蔑する気持ちがあります

 

控えめでいい人のように見られますが、間接的に思い通りに物事を運ぼうとします

 

怒りを直接表現せず、相手が急いでいるのにわざとゆっくり行動したり、忘れたふりをしたりと受け身なやり方で攻撃的な感情を表現します

 

 

ナルシストの特徴

自己評価が高い

 

ナルシストは自分に過剰に自信があり、自己評価が高い特徴があります

 

自己評価が高く、自分に自信があることは良いことだと思いますが、そういう人に限って問題のある行動や態度が多く、自分の失敗に対して責任を取らないです

 

恋愛では自己評価が高いがゆえに、相手の考えを理解することができなかったりしてひどい場合には暴力に繋がったりします

 

さらに、自分の間違いに気づくことがないので間違いから学ぶことができません

 

失敗はいつも誰かのせいで、決して自分のせいであることを認めることがないので自ずと周囲が離れていくこともあります

 

 

自分は特別な存在だと信じ込んでいる

 

ナルシストは十分な成果や業績がないにも関わらず、他人よりも自分が優れていると思ったり、自分は特別な存在だと信じている特徴があります

 

もちろん、多少自分を特別だと思うくらいならいいですが、ナルシストの場合は過度に自分が特別だと考えており、それを理解できるのは特別な人だけだと思っています

 

そのため、特別な人に囲まれようとし自分よりも劣っていると思う人に対しては見向きもせず、自分より優秀である人に付け入ることがあります

 

 

過度に賞賛されることを求める

 

ナルシストは他人から過度に賞賛や特別扱いを求めるという特徴があります

 

これには、自分が他人よりも優れているという証拠を誇示したいからであり、主役になりたかったり、人の上に立ちたがる人がナルシストの傾向にあります

 

さらには、承認欲求が非常に強く、自分の実績が他人より劣っているとわかるとすぐにその自信が崩れてしまいひどく落ち込むこともあります

 

自身喪失から不満ばかりを言ってみたり、他人を攻撃したりして自分自身の心の平穏をたもとうとします

 

ナルシストは常に他人からの評価に影響されやすく、自分がどう見られているのか気になって仕方がありません

 

 

共感性に欠けている

 

ナルシストは人の痛みや苦労に共感できないといった特徴があります

 

あなたの周りのナルシストを見分ける上でこれに関してはそこまで難しくはないはずです

 

他人の気持ちや要望を感じ取ることができず、さらに他人を思いやったり、罪の意識にかられることもほとんどないため、人を愛することもできないでしょう

 

共感性が欠けていることからナルシストはあまりストレスを感じないため、うつ病になりにくいと研究結果で明らかになっています

 

共感性の欠如というとサイコパスが思い浮かびますが、ナルシストとサイコパスは社会的には成功しやすいと言われています

 

https://unpsymind.com/values-change/get-into-psychopath/

 

 

人に対して搾取的である

 

ナルシストは他人に対して搾取的であるという特徴があります

 

共感性が欠けているため、他人を搾取することに対して不安を抱かないです

 

むしろ、自身の権力や欲望のためには他人から搾取することが当たり前と思っています

 

利益とリスクを比較して自己中心的な行動が目立ちますが、マキャベリストほど高リスクな行動には出ません

 

https://unpsymind.com/values-change/machiavellist-characteristic/

 

 

嫉妬心が強い

 

ナルシストは自己愛が強いことから自己中心的であるがゆえに嫉妬心が強いという特徴があります

 

ナルシストは常に自分がトップで立っていたい、人よりも優れていたいという心理であるため自分の優位性が失われるときに強い嫉妬心を抱きます

 

自分の今の立場を脅かす人が現れた際には陰口を言ったり、噂話を流しすなど陰湿で姑息な方法を使ってくることもあります

 

さらに、人に対する好き嫌いが激しく自分にとって有害と判断した人に対して情け容赦なく攻撃したり、いろんな理屈をつけて悪者扱いしようとします

 

 

傲慢な行動や態度を示しがち

 

ナルシストは周りから強く見られたいという心理や自身のコンプレックスから他人に対して傲慢な行動や態度を示しがちという特徴があります

 

自分の弱さやコンプレックスに対して向き合うことができないからこそ傲慢な態度でごまかそうとします

 

さらに、競争心や対抗意識が強く自分が主導権を握っていないと気が済まないため、自分が優れていることを証明するために傲慢な行動や態度に表すというわけです

 

相手に自分の意見を認めさせるために物事に優越をつけて固執し強制的に自分の意見を認めさせることがあり、周囲の人からは敬遠されがちです

 

 

まとめ

 

ナルシストと深く関わっていると、精神的苦痛を生み出してしまいます

 

ナルシストを見分けることで、彼らの罠に注意深くなることでしょう

 

この記事で紹介したナルシストの特徴を把握し、彼らの罠に引っかからないようにしましょう