価値観の洗浄

【知性は魅力】深みのある魅力的な人になるには読書は絶対に必要な理由

 

インターネットやTVで情報を得ることを習慣にしていても読書を習慣にしていない人が多いのが日本人です

 

読書をすることで知識や教養が増えるだけではなく、物事を多角的に見ることができたり、情報の整理が上手くなったり、相手の気持ちを察することができます

 

恋愛や仕事、人間関係においても読書をすることで良い方向に好転することがあります

 

恋愛においてはモテることに繋がり、仕事においては成果が上がり、人間関係においては他人に対しての理解力が深まり円滑にコミュニケーションができるというわけです

 

この記事では読書をすることで『深みのある魅力的な人間』になる理由について解説していきます

 

 

 

読書はなぜ重要なのか

 

あなたは普段から読書をしていますか?

 

日本人は1ヶ月にどれくらい読書をするのか文化省の調査によると

・ 読まない:47.3%

・ 1〜2冊:37.6%

・ 3〜4冊:8.6%

・ 5〜6冊:3.2%

・ 7冊以上:3.2%

という調査結果となり、1冊以上読むと答えた人の割合が52.6%になりました

平成30年度「国語に関する世論調査」の結果の概要

 

 

文化省の調査によると、1ヶ月で1冊以上の本を読むと答えた人はわずか52.6%しかいません。つまり日本人の半数近くは読書を全くしないという結果であるということです

 

本を読むという習慣はないが、ネットで文章を読んでいるから別にいいじゃないか?という意見もあると思います

 

しかし、SNSやネットでの文章では短時間で深く掘り下げることもなくどんどん情報の波を乗っていくという感覚であり、読者ではなく消費者の立場です

 

消費しているだけでは何も身につきません

 

それに対して読書というのは『著者との対話』と比喩されるように本の中の文章を読み進めることで体験としてあなたの中に刻み込まれます

 

というのも、読書中の脳と体験している時の脳は近い働きをしているのです

 

人間は体験を通して成長できる生き物です。つまり体験の積み重ねこそが人格形成をする上で重要であり、読書は自分一人の体験で補えない部分を疑似体験することができる手段であると言えます

 

人生観や人間観を深め想像力を豊かにし、人格を大きくするためには読書をすることが大切というわけです

 

しかし、中には『読書よりも実際の体験の方が大事』であったり『文字ばかり読むより、外に出て自ら体験した方が良い』と意見もあるでしょう

 

そういう意見ももちろん重要です。しかし読書と体験は矛盾しないと考えます

 

読書を通してあなたが体験したいことに対するモチベーションが向上したり、あなたが言語化できなかった体験の意味に気づいたりします

 

要するに、実際あなたがこれまでしてきた体験を読書を通して何十倍も活かすことができるのです

 

実際に自分で行動を起こして体験するのも重要ですが、その体験を解釈するための知識や思考能力がなければ体験から自分の人生にプラスになるものを引き出せないのも事実である

 

全く読書をしない人と読書習慣がある人で同じ体験をした時に同じように感じるとは思いませんよね?

 

読書習慣のある人の方がその体験に対し、深く理解しより人生に活かせるでしょう

 

なので読書をするかしないかによって現実の体験の活かし方や解釈の仕方が変わり、経験を活かして成長できる人と経験を活かせなくて成長できない人は読書をする習慣があるかないかで大きく違ってくると考えます

 

読書の重要性

☑️ ネットやSNSの文章との違いは体験として刻み込まれること

☑️ 読書による知識や教養は現実の体験を活かせるか決まる

 

https://unpsymind.com/values-change/reading-habit/

 

 

読書をする人だけがたどりつく深さ

 

あなたの周りに『深いなと感じさせる人』はいませんか?

 

先に結論を言うと読書をする人は『他人を魅力できる深い人間』になることができます

 

・ 本質に触れる深い質問ができる

・ 聞く人が刺激される面白い話ができる

 

考え方が深い人というのは他人に影響を与えます。他人から魅力的というのはいわばその他大勢ではなく希少価値がある人間と言えるのです

 

浅い人間と深い人間の違いというのは『教養の差』です

 

『教養』とは自分の中に取り込んで統合して血肉となるような幅広い知識のことであり、物事の本質を捉えて理解できるようになるには知識を統合しなければいけません

 

断片的な知識を持っていても統合して使いこなせていなければ意味がなく、物知りは深い人とは言えません

 

つまり『深い人』というのは教養や人格が人生にまで活かせている人のことです

 

読書をすることは深い人になるための絶対条件であると考えます。というのも、歴史に名を刻む偉人は狂うように本を読んでいたと言われています

 

また、コミュニケーション能力は文字で磨かれます。そもそもコミュニケーション能力の根底は認識力であり、相手の感情や言動を認識してそれに対して言語を使うわけです

 

文学を通して複雑な感情を読み取ったり、言語化する能力が磨くことができるため、読書というのは私たちにとって必要な要素です

 

深いコミュニケーションができる人は相手の深い部分に触れることができます。信頼も獲得でき、親身になってくれたという印象を与えることができます

 

読書によって深い人間になれ人に愛されるようになり、コミュニケーション脳略が向上し仕事や人間関係に役立つのです

 

https://unpsymind.com/values-change/reading-merit/

 

 

教養や知性によって魅力的な人になれる

 

『魅力的な人』と聞くと『外見が良い人』と考えがちです。確かに外見が良い人は魅力的です

 

しかし、教養や知性でも魅力は出すことができます

 

話が面白く、深いコミュニケーションができ人間力が高く、深みのある人はとても魅力的ではありませんか?

 

実際にあなたが『魅力的だと思う人』と思っている人は外見が良いだけではないはずです

 

会話をしていて面白いと感じ、深くコミュニケーションがとることができるので一緒にいて楽しいと感じることができる

 

つまり、恋愛においても教養や知性が非常に大事であり外見という要素は最初だけということです

 

結婚をして生涯を共にしていくと外見的な魅力は年齢と共に劣化していくわけです。そこで最終的に重要なのはやはり教養や知性になります

 

自分では認識できない知らないような世界の見方を教えてくれたり、一緒にいて勉強になったりするわけです

 

若い時の恋愛は見た目を重視しますが、ある程度年齢を重ねていき『大人の恋愛』になると教養や知性というのは重要な要素になります

 

魅力とは『見た目』だけではなく、『教養や知性』で出すことができ、読書を通して身につけることができる

 

https://unpsymind.com/values-change/reading-method/

 

 

まとめ

 

『深く魅力的な人』というのは読書をしている人が多いです

 

読書とは著者の経験を疑似体験できる手段であり、人間は体験を通して成長できる生き物です

 

人生観や人間観を深め、想像力を豊かにして人格を大きくするためには読書たとても重要になります

 

 

恋愛においても人間関係においても教養や知性は円滑に物事を進めるためにとても大切な要素になります

 

ぜひ、読書をしてあなたの人格を高めていってください

 

https://unpsymind.com/values-change/comprehension-reading-method/