生活の質の向上

【眠れない人必見】眠れない夜を乗り越える!?睡眠の質を向上させる快眠アイテム3選

 

・早めにベットに入ったのになかなか寝付けない

・たっぷり寝たのに寝起きがすっきりしない

・夜中によく目が覚めてしまう

 

このような状態なのは、睡眠の質が悪くなっている証拠です

 

睡眠不足で悩んでいる人は生活習慣を見直すか、現在使っている寝具や室内の環境を変えてはいかがでしょうか?

 

https://unpsymind.com/life-improvement/good-sleep-method/

 

この記事では睡眠の質を向上させ、快眠へと導くアイテムについて紹介します

 

 

睡眠の質は眠りにつくまでの3時間で決まる

 

眠りにつくまでの3時間は『快眠のためのゴールデンタイム』と言われているほど重要であり、副交感神経を寝る3時間前から徐々に高めてあげることで睡眠の質が向上します

 

そもそも、自律神経は血行や消化吸収、体温調整など24時間休むことなくコントロールしており、『交感神経』と『副交感神経』の2つに分けることができます

 

交感神経:心拍数をあげたり血管を収縮させるなどアクティブにする働き

副交感神経:心拍数を下げ血管を拡張させるなどリラックスさせる働き

 

体を活発に動かしアクセルのような役割をするのが『交感神経』であり、昼間は活発に働き、夜になると抑えられます

 

そして、体をリラックスさせる役割をするのが『副交感神経』であり、夜に働くことでぐっすり眠れるという流れになっています

 

つまり、この2つの神経の働きが入れ替わっていることで理想的な自律神経のリズムになるということです

 

『副交感神経』は就寝前の3時間ほど前から意識して働きを高めていかないといけません

 

さらに、年齢とともに働きは低下していってしまうので、意識的にしっかりはたらかせなくては快眠できないのです

 

まずは快眠を邪魔する悪習慣をやめましょう

 

・ 夕食の時間が遅い

・ 仕事を自宅に持ち込む

・ シャワーだけで済ませている

・ 深夜までお酒を飲む

・ 寝る直前にPCやスマホを見る

 

私たちが生きるこの現代では夜になっても『交感神経』を働かせて『副交感神経』が活発化するのを妨げる悪習慣がたくさんあります

 

人間は悪いことだとわかっていてもその習慣を治すのに時間がかかります

 

また、すでに睡眠の質を低下させる環境下で過ごしているあなたは少しでも質の良い眠りを得るために意識を変えていくべきです

 

睡眠の質を向上させ、ぐっすり快眠するためには『副交感神経』を優位に働かせ、リラックスする必要があります

 

そのために私が個人的にオススメする『睡眠の質を向上させる快眠アイテム』を紹介していきます

 

睡眠の質を向上させる快眠アイテム

蒸気でホットアイマスク

 

 

ぐっすり眠りにつくために個人的にこのアイテムを強くオススメしたい

 

私たちは普段からPCやスマホなど多く使用することでブルーライトを常に浴びている状態であり、この青い光は可視光線の中でもエネルギーが最も大きい光だと言われています

 

目の疲れや精神疲労の原因と言われているブルーライトは夜に浴びてしまうことで体内時計が乱れてしまい、睡眠障害が引き起こされてしまいます

 

しかし、そんな目の疲れを癒してくれ、快眠へと導いてくれるのがこの『蒸気でホットアイマスク』です

 

・ 目がショボショボする

・ 疲れ目からくる頭痛や肩こりがひどい

・ なかなか寝付けない

 

目を温めることで血行の流れが良くなり、筋肉の緊張がほぐれてリラックスできます

 

さらに、目を覆い隠すので寝る前にスマホを見てしまう行為ができなくなります

 

眠れない1番の要因が『就寝前のスマホチェック』なので、この行為を未然に防ぐことにも繋がります

 

そして、『香り』の種類も豊富にあります。今回は人間を睡眠に誘う香りとして最も有名な『ラベンダー』をオススメします

 

英・ロンドンの老人病院の研究では、睡眠薬を常時している患者に『ラベンダー』の香りを嗅いでもらったところ、睡眠薬なしでも眠りが深くなり、深夜の徘徊が無くなったという報告があります

 

『ラベンダー』の香りにはリラックス効果があり、深い眠りを確実に促すことが分かりますね

 

ぐっすり眠りにつき、朝の目覚めをすっきりさせたいならこのアイテムはオススメです

 

しかし、寝相の関係で朝には外れている場合があります。実際私がそうでした

 

GOKUMIN:低反発枕

 

 

ぐっすりと快眠するために、睡眠の質を重視したい人はこの『GOKUMIN』がオススメです

 

『枕』は高さによって寝ている時の姿勢が変わり、眠りの深さにも関係してきます

 

体に負担をかけずに、健康的な眠りのためには自分にあった高さの枕を選びましょう

 

・ なかなか寝付けない

・ 今使っている枕では肩が凝ってしまう

・ いびきがあり、疲れが取れない

 

枕が自分に合っていないと上記のようなことが起こってしまいます。しかし枕を『GOKUMIN』に変更したおかげですっかり寝付きが良くなりました

 

高さは12〜6㎝と自分にあった高さを調整でき、カバーは通気性がよく汗を吸収し、発散してくれます

 

さらに、抗菌、防臭、防カビ対応しているので夏場でも大丈夫です

 

枕の真ん中にくぼみがあり寝返りが楽にとれ、しっかり横向きにならなくても頭をくぼみに乗せたまま横向きになれるのが楽だと感じますね

 

さらに、裏地にストッパーがついているのでいくら動いてもズレません。ベットから枕が落ちたり、寝ている間にどこかにいかなくて済みます

 

今の枕でなかなか寝付けない人はぜひ『GOKUMIN』を試してみて下さい

 

 

Dreamegg:ホワイトノイズマシン

 

 

眠りにつく時には音楽を聴きながら眠る人や無音でないとダメな人、TVがついていても気にならない人やどんな環境でも眠りにつくことができる人など様々な人がいます

 

人の声は睡眠を阻害すると言われており、TVやラジオ、歌詞があるものは眠っている間も聴覚中枢に働き続けてしまい言葉に反応して思考を巡らせてしまい浅い眠りになってしまいます

 

心地よい眠りを誘う音を聴くことで心身ともにリラックスできます。睡眠時のリラックスした状態を作るためにはアルファ波が出る音楽ほど眠りやすいと言われています

 

川のせせらぎや波の音、鳥のさえずりなどの自然音や単調でテンポが乱れないゆったりとしたメロディーは脳をリラックスさせ快眠へと誘います

 

・周りの騒音がうるさくて眠れない人

・一緒に寝ている人のいびきがうるさくて眠れない人

・なかなか寝付けない人

 

『ホワイトノイズマシン』には2つのタイプの音があり、使いやすさを考えて自分にとって心地よいサウンドを選びましょう

 

より質の高い睡眠を求めるなら内蔵したファンを使いその場でホワイトノイズを作るのがオススメです。音質はナチュラルで電子音が苦手な方や頭痛がする人でも安心して使えると思います

 

ホワイトノイズが外部の他の騒音などをマスキングすることによって騒音を相対的に目立たなくしてくれます

 

人によって最適なノイズのレベルは違うので、実際に使用して自分にあったノイズを確認してみて下さい

 

 

まとめ

 

人間が生命活動を維持する上で最も重要な役割を果たすのが睡眠です

 

睡眠不足が重なると起こること

・ホルモンバランス、自律神経が乱れる

・血圧、血糖値、コレステロール値が上昇

・生活習慣病を引き起こす恐れがある

・集中力やパフォーマンスが低下する

 

睡眠不足により睡眠の質が悪いままだと、仕事だけではなく私生活にまで悪影響を及ぼしてしまいます

 

日頃忙しくてなかなか生活習慣を見直せないという人は睡眠の質を向上させる快眠アイテムに頼りましょう

 

 

まずは生活習慣から見直してみて下さい。それでも睡眠の質が向上しなかったら上記のアイテムに頼ってもいいと思います

 

https://unpsymind.com/life-improvement/good-sleep-item-female-gift/

 

https://unpsymind.com/life-improvement/good-sleep-item-male-gift/