生活の質の向上

仕事ができる人は説明が上手い!?説明が上手になるための習慣

 

会話上手は説明上手です

 

説明能力が高い人は仕事、人間関係において圧倒的な存在感を放ちます

 

✔︎ 上司から信頼される

✔︎ 人の心を掴みやすい

✔︎ 初対面の人と話がはずむ

✔︎ 聞き手に影響を与える

 

しかし、自分の考えを相手に伝えたり説明するのは簡単ではありません

 

なぜ説明が上手にできないのか原因について考えてみましょう

 

仕事において説明の目的について記事も書いているのでついでに読んでみてください

 

https://unpsymind.com/life-improvement/business-description/

 

他人から説明が下手と思われる人の特徴に触れ、その改善・克服方法について知ることで以前よりも上手に説明が出来るようになります

 

 

説明が下手な人の特徴

 

・ 早口で喋る

・ 説明の目的がはっきりしていない

・ 主語がない

・ 余計な情報が多い

・ 聞き手の気遣いができていない

 

スキルは高いのに説明、会話が上手じゃないがために能力が低いと判断されてしまいます

 

また仕事で最も求められるスキルのうちコミュニケーション能力は重視されます

 

説明が下手と思われる要因のこれら5つについて詳しく触れていきます

 

 

早口ではなく相手のペースに合わせて話す

 

説明能力はすぐには向上しないのでまずは話し方から改善していきましょう

 

自分にとっては理解している情報でも相手からすると初めて聞く内容なので早口で伝えられるとなかなか理解されません

 

まず、相手が理解しているかどうか表情などを確認し相手のペースに合わせていきましょう

 

 

説明の目的をはっきりさせる

 

説明の内容がはっきりしていても、何のために説明しているのか、その「目的」がわからないと相手に伝わりずらいです

 

コツとしては結論から話したり大事なことから話すことです

 

わかりやすい説明、わかりにくい説明の違いは説明の目的がはっきりしているかしていないかの違いにあります

 

 

主語を意識する

 

説明が伝わらない人がよくやってしまうのが、主語を省略します

 

説明する側は主語を知っていますが、説明を受ける側はわかりません

 

他人の視点に立ってみることがとても重要です

 

説明する時は「誰が」、「何が」を意識しましょう

 

意識するかしないかで相手との話の取り違えをなくすことができます

 

また、話の内容を冒頭で伝えるのも主語と同様に大切です

 

相手はあなたがこれから何の話をするか知らないので、相手との共通の認識を作りましょう

 

・ 〜についての話なんですけど

・ 〜〜についてお聞きしたいのですが

 

話をする前に事前に何の話をするか情報を提供しておきます

 

 

余計な情報を省いて話す

 

余計な情報を話しすぎると下記のように思われてしまいます

 

・ 結局何が言いたいの?

・ 話が逸れてしまう

・ 情報が多すぎて反応をするのが面倒になる

 

結論や要点のわからない説明は相手を苛つかせる原因になります

 

何を伝えたいのかわからないということは自身が内容について理解不足ということです

 

あなたが理解していないことを他人に説明することは不可能なので説明する前に理解を深めてから相手に説明するようにしましょう

 

⓵ 結論

⓶ 根拠

⓷ 事実

 

ビジネスという場面では上記のような順序で話すことが適切だとされているので、できるだけ結論から先に話し、余計な情報を省きましょう

 

 

聞き手に気を配る

 

説明の内容も大切ですが、それ以上に聞き手に気を配ることも大切です

 

会話には相手がいて成立するので、自分の話に夢中になってしまうと相手の状況をはかり忘れてしまいます

 

また、アイコンタクトをとりながら相手との意思の疎通ができているか確認してから説明することを意識しましょう

 

相手の理解度を常に確かめながら質問の余地を相手に与えましょう

 

 

説明が下手なあなたに4つの克服方法

 

私が実際に説明が下手だった時に実践してみたことです

 

今では「〜って話し上手だよね?」と周囲の人からよく言われます

 

 

本を読む

 

説明が上手い人の多くは読書家です

 

本を読むだけで文章の組み立て方や伝え方が理解できるようになります

 

本といっても漫画は例外で、意識が絵に向いてしまうのでオススメはできません

 

なので小説やビジネス本など自分の好きな活字本を選び、日常的に読書をすることで語彙力や文章構成が自然と身につきます

 

 

相手の話を一生懸命聞いてみる

 

説明が下手、苦手な人は一方的に自分の話ばかりして相手の話を聞きません

 

一見聞いているように見えても、頭の中では他のことを考えていたりして相手が話している内容に全く集中していません

 

説明、会話が上手い人というのは相手の話の内容にしっかり耳を傾けています

 

これは話の内容以外にも下記のようなことにも興味を持っています

 

・ 話し方

・ どんな表現を使っているのか

・ どんな構成で話を進めているのか

 

相手の話を聞くついでに会話の構成や表現の仕方にも興味を持つのも説明能力向上につながります

 

 

メモする習慣をつける

 

説明が上手な人はメモを取るのも上手いです

 

メモの内容も話の重要なところだけピックアップしていてあとで見返してもその時の話の内容が全て思い出せるような形になっていることが多いです

 

それはよく話を聞いて理解しているということです

 

 

映画をみる

 

映画など構成がしっかりしている作品をみると自然と会話力が身に付いていきます。

 

それはあなたの興味が集中力を引き出し、会話内容など理解しようとするため話の構成など頭に入ります

 

様々なジャンルがある映画ですが、あなたの興味のある映画をみるだけで会話力、説明能力が身につくのはすごい良いことですよね

 

 

まとめ

 

説明が下手な人の特徴から説明上手になるためのコツについて解説しました

 

また、説明上手になるための習慣として下記がオススメです

 

・本を読む

・相手の話を一生懸命聞いてみる

・メモする習慣をつける

・映画をみる

 

ぜひ習慣づけることで説明が上達したと実感できるはずです

 

https://unpsymind.com/values-change/persuasive-qualities/