心理学の活用

【無意識】お金を無駄使いしてしまう日常の罠とは??非合理な行動へ導く5つのテクニック

 

『お金を貯めようと意識しているのになかなか貯まらない』と悩んでいる人はいませんか?

 

というのも人間は感情のままに行動してしまう生き物であり、合理的にはなかなか行動できません

 

賢く生きようとしても企業が工夫したモノやサービスを売りつけられてしまいます

 

衝動買いも無駄遣いも元をたどれば理性が働かなかった結果として起こることです

 

この記事では行動経済学という観点からあなたがなぜ『お金が貯まらない』のか解説していきます

 

人間を非合理な行動へと導いてしまう日常の罠とは

無料という罠

 

・スーツを2着購入で3着目は『無料』になります

・2000円以上の買い物で駐車料金が『無料』になります

 

私たちの日常には『無料』という条件を組み合わせて、合理的に考えればこれ以上出費すべきでは無いのに追加でお金を出させる罠があります

 

この罠にハマると総支出額が上がっているにもかかわらず『どうせ必要になる』や『いつか使うだろう』と自分に言い聞かせてしまいます

 

つまり、『無料』という条件を満たすために本来お金を消費すべきではない場面でお金を使ってしまうというわけです

 

『激安セール』や『無料』という言葉に踊らされて最終的には出費が膨らんでいることに私たちは気づかないのです

 

『お得』だと思って購入したが、自分の手元に残るお金が残っていないということがよくあります

 

そもそも、本当にお得な買い物であるなら手元にお金が残るものではないでしょうか?

 

『無料』とは人間の購買心理をコントロールする最も有効な戦略です

 

一見したら『得する』ように見えても後になって相応の対価を支払う羽目になるのです

 

なので、警戒心を持って『無料』というサービスに接することが大切です

 

 

フレーミング効果の罠

 

・タウリン『1000mg配合』とタウリン『1g配合』

・手術の『成功確立90%』と『失敗確立10%』

・電気代が『1年間で9600円』と『1日267円』

・『50%OFF』と『2つ購入で無料』

 

同じ情報であるにもかかわらず、表現が変わるとその情報に対しての『印象』が変わってしまうことがあります

 

消費者である私たちが最も魅力的に感じてしまう表現を駆使するのが企業です

 

私たちの購買意欲を高めるために広告というのは企業側が考え抜いた最高傑作級のアピールであることを理解しましょう

 

表現方法が違うだけで本来の価値よりも良く見えてしまう

 

商品をどうにかして購入させようと表現を変えて私たちの購買意欲を高めているものが『広告』だと理解した上で、『本来の価値』というものをしっかりと把握しましょう

 

どうしても良いものに見えてしまい購入してしまうものですが、価値を低く見積もってみるという考え方で判断してみてください

 

 

感応度逓減性の罠

 

①:10万円が9万円になる

②:100万円が99万円になる

同じ1万円の損失でも①の方が苦痛に感じてしまう

 

人間には基準になる金額の大きさによって同じ金額の価値が変わってしまう傾向があります

 

日常の様々な場面で利用されており、結婚式のオプションや自動車のオプション、エステのオプションなどに使われています

 

つまり、メインになる商品の価格が高いほどオプション価格が安く見えてしまうことにより、『ついでに購入しよう』となってしまうわけです

 

高い金額を扱う際は損得に対する感覚が鈍くなる

 

価格の高い商品において、それよりも安い価格の商品と比べて金額の違いに対して深く考えないのが人間です

 

お金という価値は変わらないということをしっかりと頭の中に残すことです。つまりは『1000円はどんな時も1000円である』という基準点を動かさないことです

 

他との比較により価格は変わるわけではないのでお金は丁寧に使わないといけませんね

 

 

おとり効果の罠

 

・合コンで外見が劣っている人を同席させ自分が選ばれるように仕向ける

・『捨て案』を用意し、通したい案をスムーズに通す

 

『A』という商品が1つだけあるとします。その商品に興味を持ち『購入』か『購入しない』の選択のどれか選ぶわけです

 

しかし、商品の選択肢が『A』『B』『C』と複数ある場合、『どっちを購入しようか』とその商品を購入するという前提でどの種類にしようか悩むわけです

 

『おとり』である商品を選択肢に加えるだけで『購入するかしないか』で悩んでいたことが『どっちを購入しようか』という悩みにシフトされてしまうわけです

 

選択肢が増えればその商品に対するイメージが変化する

 

商品がどのように売られてるのかではなく、本当に自分自身が欲しいものなのかということを忘れないでください

 

 

極端回避性の罠

 

ジュースを選ぶ時に、下記の3つの選択肢の中からどれを選びますか?

・『Sサイズ:100円』

・『Mサイズ:140円』

・『Lサイズ:180円』

 

人間は極端な選択肢を排除する傾向にあるため無条件に『真ん中を選ぶ方が手頃』と思ってしまいます

 

無難に保守的に行動してしまい、ついつい真ん中を選択してしまうわけです

 

例えば、昼食に使う予算を1000円だとします。『1000円』のランチがあったとしても『1500円』『2500円』それぞれのランチがあることによって『1500円』のランチを選んでくれる可能性が高まります

 

3つの選択肢により購買心理が『丁度いい真ん中』に誘導される

 

他人が用意した基準で見せられることにより、他人に誘導されてしまいます

 

なので、自分目線の軸を絶対にブレさせないことが重要です

 

 

まとめ

 

企業側は様々な工夫をして私たち消費者の心理の隙をついてビジネスを展開するのが経済です

 

『なぜかお金が貯まらない』のはそのせいでもあります

 

あなたのお金を守る意味でも下記についてしっかり把握しておきましょう

 

 

企業側のマーケティング手法を把握しておくことで意識的に無駄遣いを減らすことができます

 

つまり、マーケティングの知識があるだけであなたのお金を守るのに役立つということです

 

無意識に無駄使いしないためにもしっかりと知識を積み上げていきましょう